何が原因で起こる?

猫のアレルギーは何が原因で起こってしまうのでしょうか?このことを説明するうえで、まずはアレルゲンのことを知っておきましょう。アレルゲンというのは、アレルギーの原因物質のことをいいます。アレルゲンには花粉、ノミ、ダニ、食物など数多くのものがあります。もちろん、これら全てにアレルギー反応を起こしてしまうわけではありません。原因になり得るものと思っておくといいでしょう。

アレルゲンのなかでも食物によって引き起こされるアレルギーを食物アレルギーと呼びます。食物アレルギーの主な原因としては、食べ物のなかに含まれているタンパク質をあげることができます。肉、魚、たまごなどがありますが、どの食べ物に含まれているタンパク質にアレルギー反応を示すのかは、猫によって違いがあります。

なお、タンパク質以外の栄養素は安心安全というわけではありません。脂質や炭水化物であっても、摂取することによってアレルギーを起こしてしまうケースはあります。脂質の精製時にタンパク質が完全に除去されないと、残存しているタンパク質に対して反応を起こしてしまうことがあります。炭水化物に関しても、米、芋などに少量備わっているタンパク質に対して、アレルギー反応を起こしてしまうことがあるのです。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket