おすすめの対策は?

猫のアレルギーの効果的な対策は、アレルギーの原因物質を猫の生活のなかから排除してしまうことです。一例として、ダニのせいで症状が引き起こされるのを回避したい場合には、掃除を徹底してダニの多い環境を作り出さないようにすれば、アレルギーを防ぐことが可能です。また、食物が原因で起こる症状を避けたい場合には、症状を起こす栄養素が含まれていないキャットフードを与えることが有効です。

食物アレルギーではタンパク質が主な原因になるわけですが、症状が起こっている場合にはこれまで摂取したことのないタンパク質に切り替えることになります。牛やチキンで駄目だった場合にはラムに変えてみる、肉ではなく魚主体のキャットフードでタンパク質を摂るといった具合です。

このほか、アレルギーの原因のひとつに、穀物があります。小麦、トウモロコシが多量に使用されているキャットフードは、アレルギーを引き起こすリスクが高いため、穀物不使用のキャットフードに変更してみることも、効果的なアレルギー対策となるでしょう。

それから、猫の食物アレルギーは酸化防止剤や保存料などの添加物によっても引き起こされることがあります。猫の体にとって有害な添加物が不使用のエサを与えてあげましょう。

何が原因で起こる?

猫のアレルギーは何が原因で起こってしまうのでしょうか?このことを説明するうえで、まずはアレルゲンのことを知っておきましょう。アレルゲンというのは、アレルギーの原因物質のことをいいます。アレルゲンには花粉、ノミ、ダニ、食物など数多くのものがあります。もちろん、これら全てにアレルギー反応を起こしてしまうわけではありません。原因になり得るものと思っておくといいでしょう。

アレルゲンのなかでも食物によって引き起こされるアレルギーを食物アレルギーと呼びます。食物アレルギーの主な原因としては、食べ物のなかに含まれているタンパク質をあげることができます。肉、魚、たまごなどがありますが、どの食べ物に含まれているタンパク質にアレルギー反応を示すのかは、猫によって違いがあります。

なお、タンパク質以外の栄養素は安心安全というわけではありません。脂質や炭水化物であっても、摂取することによってアレルギーを起こしてしまうケースはあります。脂質の精製時にタンパク質が完全に除去されないと、残存しているタンパク質に対して反応を起こしてしまうことがあります。炭水化物に関しても、米、芋などに少量備わっているタンパク質に対して、アレルギー反応を起こしてしまうことがあるのです。

猫のアレルギーって?

私たち人間にアレルギーを起こすことがあるように、人間以外の動物でもアレルギーを起こすことがあります。飼っている猫や犬にも、なんらかの原因によってアレルギーが起こってしまうことがあります。

まず、アレルギーとはどういうものなのかについてですが、体内には自分のものと自分のもの以外のものを見分け、自分の生命にとって有害な異物、細菌、ウイルスなどを排除する免疫反応があります。免疫反応では体内で抗体が生み出されており、有害な異物、細菌、ウイルスなどの侵入者に攻撃を仕掛け、自分の体を保護してくれています。侵入者と抗体の格闘によって、炎症が生じます。

アレルギーは免疫反応が、花粉など体に対して大した害のないものに対して起こり、炎症が生じてしまうことをいいます。猫にアレルギーが起こった場合には、いつもかゆがっている、お腹を下す、吐く、お腹が張る、お腹が鳴る、毛が抜ける、熱が出る、口や目のまわり、背中などに炎症を起こしている、皮膚が化膿している、発熱を起こしているといった症状が出現します。

このような症状が、飼っている猫に起こっていないか、飼い主はこまめにチェックしてあげることが大切です。なお、このサイトでは猫のアレルギーはいったい何が原因で起こってしまうのか、対策はどのようにすればいいのかを解説しています。今後、猫を飼いたいと思っている人や、すでに猫を飼っていてアレルギーが心配な人は、ぜひチェックしてみてください。